« 新ブログ立ち上げ検討中のお知らせ | トップページ | 新ブログに連載引き継ぎのお知らせ »

2014年11月16日 (日)

天童旅行記 その4 舞鶴山人間将棋会場登頂記

Img_6052_r

2014年 人間将棋盤制作会社(株)ナイガイ様制作工程レポート

中国産の御影石をウォータージェットで切り出し、
ダボ穴のビスで文字の高さ調整をして
雨水が数字の部分に入らないような工夫がしてある…
時間があれば質感を見に行きたくなってしまいました。

えー、説明し忘れましたが、
山形新幹線内は26.9度でした。
わたくしずっと半袖Tシャツで御座いました。
他の乗客の方は皆様、厚手の冬服を
着ておられて、信じられない思いでした。
東京駅のホームでは外の気温が
計測できましたが、それでも暑う御座いました。
人目も気にせず、半袖になりました。
天童駅に降りました際には、
半袖Tシャツの上に一応一枚上着を
軽く羽織りました。
前のチャックは全開ですが、全く寒くありません。

さてさて、菱沼王将製作所様を後にしまして
舞鶴山に向かうことに向かうことにしました。
タクシーを呼ぼうとも思いましたが、
流しのタクシーは見当たりませんし、
徒歩にしようと決めました。
お日様サンサンで20.5度あります。
歩いていると暑う御座います。
腰に上着を巻き付けまして、
ポータブルカーナビを頼りに
半袖一枚で歩き始めました。

Img_5970_r

菱沼王将制作所様より、最短のコースで登る
ルートも御座います。
登頂ルートの案内の看板は出ておりますが、
どう見ても獣道過ぎて薄気味が悪いコースです。
これから日が落ちると思われますし、
ブンブン虫も飛んでおりますし、
引き返せないので、迂回する一番安全な
ルートにすることに決めました。

Img_5972_r

山の周囲の自動車道をぐるっと迂回途中で公衆トイレがありました。
寒くてトイレが近くなってもコンビニあるのかな?等、
心配しておりましたが、大丈夫のようです。
清掃状況もまずまずのようです。
雪国らしく、凍結防止仕様になっていました。

Img_5973_r

ここから登ります。

Dsc04446_r

麓の駐車場からは天童公園が見えます。
私が訪れた午後の時間帯は
犬の散歩&ウォーキングコースになっていました。
写真は欲朝9時頃のものですが、
ボランティアの方と思われる方々が
ゴミ拾いの清掃をしていました。

Img_5977_r

そんなに高く無い山ですが、汗をかきます。
車がどんどん私を追い越して行きます。
デイケアの車が多いです。
山頂付近の駐車場のあるところまで
利用者様を散歩にお連れしている模様です。
あと、落ち葉の清掃等、業者様も
たくさんお見かけしました。

Img_5978_r


これが置き駒の材料なわけですね。
「将棋むら」のスタッフの方に置き駒の材料の
欅と栓の違いについてお聞きしました。
欅は数が減ってしまって、良い欅が切り出されると
家具屋さんなんかが持って行っちゃうそうです。
だから欅の置き駒の方がお値段が高いのです、
とのことでした。

Img_5980_r


天童公園を見下ろしてみました。

Img_5982_r

まりもんたんが「ひいぃぃ~っ!」と
声をあげておりましたが、
「熊の道」ではなく、「クアの道」です。
びりたんが「ひーっひっひ」とお腹を抱えて
笑い転げておりました。

Img_5983_r

将棋資料館様にも展示がありましたが
将棋駒の材質の木がここで確認できます。

Img_5984_r

カヤは将棋盤用の木です。
これは細くて盤はとれそうにないですね。

Img_5985_r

吉田大八さんの像です。

Img_5986_r

スペシャルサンクス

Img_5987_r

読売新聞日曜版で正確な史実ではないかもという
新説も読んだ気がします。


Img_5988_r_4

前から。

Img_5989_r_2

下着のラインが見えないから
てーばっくかも知れないよ。
とお尻を撮影するまりもんたん。

Img_5990_r

ごつごつした質感です。

Img_5991_r

城跡でもあるようです。

Img_5992_r

ブタが2匹コソコソ歩いておりますが。。。
だから「あなたの旅に追っ手!!」だったのか。

Img_5993_r

まりもんたんが大慌てでリュックの中に
取り出し掛けていたブルーシートを
収納し直していました。

Img_6000_r_2


結構傷がいっぱいのようです。

Img_6001_r_3

金属加工でしたら、0.01mmくらいの叩き込みの
精度の「はめあい」も可能です。
石ですので0.1mm単位と勝手に想像していたので
隙間がかなり広くて意外でした。

Img_6002_r_3

Img_6003_r

Img_6004_r

Img_6005_r

Img_6006_r

階段登りますお。

Img_6008_r

Img_6016_r




Img_6011_r

Img_6012_r

夜には確かライトアップされるはずです。
期間限定かもしれませんが。

Img_6013_r

「盤の底に確か血だまりは無かったはず」by びりたん。

Img_6014_r

掃除機のノズルのようなものがコンニチハ。

Img_6015_r

お尻撮影に何故かこだわるチーフカメラマン
まりもんたん。

Img_6017_r_2


Img_6018_r

天童古城記念碑。

Img_6020_r_2

Img_6021_r

木登りは禁止のようです。

Img_6050_r

B悪戯工房3人衆の記念撮影。

Img_6051_r


Img_6025_r_2



~屋根にのぼると空は近いよ
頭を低く雲が流れる
風のきらめき 羽根にたたんで
ネ申ひこーきは 空の彼方へ
空の彼方へ 空の彼方へ~♪

Img_6030_r

黄色い看板の王将ホテル様が見えます。

Img_6039_r

遠くの山も色合いが綺麗です。

Img_6042_r

「まりもんたん、ちょっと撮って&撮って」

Img_6019_r

展望台に登ります。

Img_6046_r

階段の先頭を上るまりもんたんの後ろから嫌がらせの
効果音をつけるびりたん「ずしーん&ずしーん。
バキバキバキッ!あははは…」

Img_6047_r

17時。気温13度です。
日が落ちる前にそろそろ下山しますよ。
本日の旅館「ほほえみの空湯舟(くうゆふ) つるや」様
に突入しま~す。

山頂には公衆トイレが2か所もあります。
ジュースの自販機もあります。
参考までに。

Dsc04504_r

天童民芸館さんで撮影させて頂いたポスターです。
昔は人間将棋が行われていた場所はちょっと
違ったとのこと。
いや、そんなことより、
現在の一般人から駒役を応募するシステムに
満足している方々には大変もーしわけ御座いませんが、
びりたん「この時代の舞妓さん?将棋が見たかったなぁ(´・ω・`)」

天童旅行記 その4 は サイト移転かな?? 

« 新ブログ立ち上げ検討中のお知らせ | トップページ | 新ブログに連載引き継ぎのお知らせ »

旅行・地域」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

将棋駒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天童旅行記 その4 舞鶴山人間将棋会場登頂記:

« 新ブログ立ち上げ検討中のお知らせ | トップページ | 新ブログに連載引き継ぎのお知らせ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ